メニュー
携帯用ページ

モバイルサイトアドレス
会員用
アクセスカウンタ
今日 :555
昨日 :126
今週 :987
今月 :6611
総計 :808811
平均 :200
taquino.net
投稿者: yukinori 投稿日時: 2010-7-14 10:40:00 (1524 ヒット)

(演題)「PC桁のグラウト不良に関する点検方法について」
(講師)アイレック技建
    東日本営業本部課長 堤 志信氏

(演題)「コンクリート非破壊探査手法について」
(講師)アイレック技建
    東日本営業開発本部長 須藤 佳一氏

(講演日)2010.5.24
(CPD認定番号)JSCE10-0102

資料はこちらにてダウンロードしてください。
http://www.tctsg.jp/pdf/20100524-3.pdf


投稿者: yukinori 投稿日時: 2010-6-23 10:34:04 (985 ヒット)

(講演名)「大規模地震による橋梁の落下シミュレーションについて
(講師)  東北学院大学工学部 環境建設工学科
     教授 石川 雅美氏
(講演日)2010.5.24
(CPD認定番号)JSCE10-0102
(主な内容):
 岩手・宮城内陸地震において被災した祭畤大橋に対して、岩手県は、その被災メカニズムの解明および復旧にあたっての技術的配慮事項を検討するため、「国道342号祭畤大橋被災状況調査検討委員会」を設置して検討を行った。同委員会による報告書[1] は岩手県のHP上で公表されいる。
 今回は、この検討委員会にお いて報告されいる落橋に至るシナリオを、3次元の数値解析により検討し、その妥当性を確認した結果を報告する。

資料はこちらにてダウンロードしてください。
http://www.tctsg.jp/pdf/20100524-1.pdf


投稿者: hsuzuki 投稿日時: 2010-1-27 9:14:00 (1271 ヒット)

(講演名)「 ̄水施設、▲泪鵐曄璽觝胴獣曚砲弔い董
(講師) エバタ株式会社
    営業部 営業二課 課長 竹野谷 和孝 氏
(講演日)2010.1.27
(CPD認定番号)JSCE09-0803
(主な内容):
-1.ゲリラ豪雨による水害、雨水対策製品のご紹介。
-2.新規開発事業(開発申請)に関連する必要対策について。
-1.超寿命化対策の一環(アセットマネジメント)としての下水マンホールの再生及び、新設人孔製品の提案。

資料はこちらにてダウンロードしてください。
http://www.tctsg.jp/pdf/20100127-2.pdf


投稿者: hsuzuki 投稿日時: 2010-1-27 9:07:00 (960 ヒット)

(講演名)「平成20年岩手宮城内陸地震(復旧へ向けたプロセス)について」
(講師)  八千代エンジニヤリング株式会社 
  東北支店 技術第一部 課長 渡辺 憲市 氏   
(講演日)2010.1.27
(CPD認定番号)JSCE09-0803
(主な内容):
平成20年6月14日に発生した宮城県沖地震に関する報告。
災害復旧時の対処方法について事例紹介。


投稿者: hsuzuki 投稿日時: 2009-12-2 21:23:00 (1136 ヒット)

(講演名)「RFIDタグを活用したひずみ計測システムについて」
(講師) 太平洋セメント株式会社 中央研究所 研究開発1部 高耐久化技術チーム
        副主任研究員  江里口 玲 氏
(講演日)2009.12.2
(CPD認定番号)JSCE09-0694

資料はこちらにてダウンロードしてください。
http://www.tctsg.jp/pdf/20091202-3.pdf


投稿者: hsuzuki 投稿日時: 2009-12-2 21:13:00 (1700 ヒット)

(講演名)「UFC(超高強度繊維補強コンクリート)床版向けダクタルの製造について」
(講師) 太平洋セメント株式会 セメントカンパニー営業部 ダクタルチーム
         リーダー     児玉 明彦 氏
         サブリーダー  玉木 保幸 氏
(講演日)2009.12.2
(CPD認定番号)JSCE09-0694

資料はこちらにてダウンロードしてください。
http://www.tctsg.jp/pdf/20091202-1.pdf
http://www.tctsg.jp/pdf/20091202-2.pdf


投稿者: hsuzuki 投稿日時: 2009-9-10 21:02:54 (1123 ヒット)

(講演名)「MDブリッジについて」
(講師) ドーピー建設工業  東北支店
      支店長 佐々木 徹氏
(講演日)2009.9.10
(CPD認定番号)JSCE09-0454

資料はこちらにてダウンロードしてください。
http://www.tctsg.jp/pdf/20090910-2.pdf



投稿者: hsuzuki 投稿日時: 2009-9-10 21:01:13 (1149 ヒット)

(講演名)「八幡平大橋の連続化について」
(講師) 三井住友建設蝓‥賈婿拇
      土木営業部長 野口 晃 氏
      土木部技術課主任 村田 宣幸 氏
(講演日)2009.9.10
(CPD認定番号)JSCE09-0454

資料はこちらにてダウンロードしてください。
http://www.tctsg.jp/pdf/20090910-1.pdf


投稿者: hsuzuki 投稿日時: 2009-7-17 12:49:00 (2068 ヒット)

「東北地方におけるコンクリート構造物設計・施工ガイドライン」
が東北技術事務所のホームページに公開されましたのでお知らせします。
http://www.thr.mlit.go.jp/tougi/

記者発表資料
http://www.thr.mlit.go.jp/bumon/kisya/kisyah/24321_kisya_preview.html

ガイドラインのページ
http://www.thr.mlit.go.jp/tougi/choshi/index.html


     目次
■本編
1 章 総則
2 章 構造物の建設に関する基本
3 章 要求性能
4 章 設計
5 章 コンクリートの製造
6 章 施工
7 章 検査及び工事記録
8 章 維持管理

■資料編
資料 設計
資料-1 塩害対策における最小かぶりに関する検討について
資料-2 体積変化によるひび割れ補足資料
資料-3 目地間隔がひび割れ発生確率に及ぼす影響-
資料-4 温度ひび割れ検討書の例

資料 施工
資料-1 初期欠陥の補修方法
資料-2 養生の種類
資料-3 コンクリートの打設量に応じた人員配置計画

資料 維持管理
 各種様式集

資料 LCC・AM
 1 アセットマネジメントおよびLCC 評価の現状と課題
 2 ライフサイクルコストの試算
 3 ライフサイクルコストの取組み事例
 4 アセットマネジメントの取組み事例

資料 温海地区塩害橋対策技術報告書
 第1 章 塩害対策の基本
 第2 章 塩害調査
 第3 章 判定の標準
 第4 章 補修設計
 第5 章 補強設計
 第6 章 耐荷力の照査
 第7 章 高耐久性新設コンクリート橋の設計・施工


投稿者: hsuzuki 投稿日時: 2009-7-16 15:00:00 (1679 ヒット)

(講演名)「鉛直パイプクーリングの開発と展開について」
(講師) (株)間組 技術・環境本部 技術研究所
              技術研究第一部長  村上 祐治氏
(講演日)2009.7.16
(CPD認定番号)JSCE09-0256

資料はこちらにてダウンロードしてください。
http://www.tctsg.jp/pdf/20090716-1.pdf
http://www.tctsg.jp/pdf/20090716-2.pdf
http://www.tctsg.jp/pdf/20090716-3.pdf



投稿者: isibasi 投稿日時: 2009-5-20 17:29:00 (1243 ヒット)

(講演名)骨材−利用の実態と今後の課題
(講師)東北大学大学院  久田 真氏
(講演日)2009.5.20

資料はこちらにてダウンロードしてください。
http://www.tctsg.jp/pdf/20090520.pdf


投稿者: isibasi 投稿日時: 2009-1-27 13:14:00 (1227 ヒット)

(講演名)岩手・宮城内陸地震における国道342号 祭畤大橋災害復旧計画
(講師)衂建技術コンサルタント 有馬久伸氏
(講演日)2009.1.27


投稿者: isibasi 投稿日時: 2009-1-27 13:12:00 (1065 ヒット)

(講演名)岩手・宮城内陸地震における衛星画像の活用と土石流被害について
(講師)衂建技術コンサルタント 佐藤真吾氏
(講演日)2009.1.27


投稿者: isibasi 投稿日時: 2008-12-10 13:26:00 (1135 ヒット)

(講演名)最近の話題 −各種構造物の紹介−
(講師)オリエンタル白石(株)  市川成勝氏
(講演日)2008.12.10


投稿者: isibasi 投稿日時: 2008-9-18 13:30:00 (1129 ヒット)

(講演名)結現象を考慮したコンクリート構造物の温度解析
(講師)東北学院大学 工学部  石川雅美氏
(講演日)2008.9.18


投稿者: isibasi 投稿日時: 2008-9-18 13:28:00 (1095 ヒット)

(講演名)宮城・岩手内陸地震被害報告
(講師)東日本高速道路(株)  曽田信雄氏
(講演日)2008.9.18


投稿者: isibasi 投稿日時: 2008-6-24 13:33:00 (1092 ヒット)

(講演名)コンクリートの鉱物学的アプローチ  −アルカリ骨材反応を例にして−
(講師)住友大阪セメント(株)  二川敏明氏
(講演日)2008.6.24

資料はこちらにてダウンロードしてください。
http://www.tctsg.jp/pdf/20080624.pdf


投稿者: isibasi 投稿日時: 2008-5-8 13:35:00 (1153 ヒット)

(講演名)下路トラス橋の斜材亀裂の調査・解析について
(講師)大日本コンサルタント(株)  向田 昇氏
(講演日)2008.5.8


投稿者: isibasi 投稿日時: 2008-5-8 13:34:00 (1012 ヒット)

(講演名)地下鉄銀座線(三越前駅〜浅草駅)において実施した健全度調査の概要と今後の維持管理について
(講師)(株)復建エンジニヤリング  三田 昌彦氏
(講演日)2008.5.8


投稿者: isibasi 投稿日時: 2008-1-29 14:49:00 (994 ヒット)

(講演名)軽量骨材コンクリートを使用したPCT桁橋の施工(井桁橋)
(講師)(株)ピーエス三菱 東北支店  渡辺浩良氏
(講演日)2008.1.29


投稿者: isibasi 投稿日時: 2008-1-29 14:48:00 (1129 ヒット)

(講演名)プレテンションウェブを用いた連続桁の施工(中新田高架橋)
(講師)(株)ピーエス三菱 東北支店  渡辺浩良氏
(講演日)2008.1.29


投稿者: isibasi 投稿日時: 2008-1-29 13:42:00 (1019 ヒット)

(講演名)超高強度繊維補強モルタルを使用した低桁高橋の施工(豆飼橋)
(講師)(株)ピーエス三菱 東北支店  渡辺浩良氏
(講演日)2008.1.29


投稿者: isibasi 投稿日時: 2007-12-4 13:41:00 (1101 ヒット)

(講演名)秋田・本庄大橋のトラス部材破断について
(講師)(株)復建技術コンサルタント 遠藤敏雄氏
(講演日)2008.12.4


投稿者: isibasi 投稿日時: 2007-12-4 13:39:00 (1197 ヒット)

(講演名)コンクリートの凍害に関する最近の話題
(講師)八戸工業大学 阿波稔氏
(講演日)2007.12.4


投稿者: isibasi 投稿日時: 2007-9-4 13:38:00 (955 ヒット)

(講演名)材料紹介−適用事例−、連続繊維補強材を用いた耐久性設計WG報告
(講師)ACC 中村修氏
(講演日)2007.9.4


投稿者: isibasi 投稿日時: 2007-9-4 13:36:00 (969 ヒット)

(講演名)材料紹介−材料の特性−
(講師)ACC 松本文信氏
(講演日)2007.9.4


投稿者: admin 投稿日時: 2007-7-11 14:24:00 (1560 ヒット)

開催日:H19.7.11〜13
事業名:コンクリート工学年次大会2007(仙台)
場所:仙台市青葉区 江陽グランドホテル

主催者:(社)日本コンクリート工学協会
http://www.jci-web.jp/branch_tohoku/taikai/taikai.html


投稿者: admin 投稿日時: 2007-6-22 21:20:00 (1492 ヒット)

(講演名)超高強度プレキャスト部材目地用モルタルの開発
(講師)岩手大学 小山田哲也氏
(講演日)2007.6.22


投稿者: admin 投稿日時: 2007-6-22 21:20:00 (1377 ヒット)

(講演名)X線造影撮影法のコンクリート構造物への適用
(講師)東北学院大学環境建設工学科 武田三弘氏
(講演日)2007.6.22

資料はこちらにてダウンロードしてください。
http://www.tctsg.jp/pdf/2007622.pdf


投稿者: admin 投稿日時: 2007-4-26 21:19:00 (1403 ヒット)

(講演名)3径間連続アーチ橋の設計・施工〜東北本線 天間川橋りょう〜
(講師)鉄建建設株式会社 エンジニアリング本部 菅原広道氏
(講演日)2007.4.26

資料はこちらにてダウンロードしてください。
http://www.tctsg.jp/pdf/20070426.pdf


« 1 2 3 (4) 5 6 »
Copy right © 2007 東北コンクリート技術研究会 All right reserved
Tohoku Society for the Promotion of Concrete Technology