メニュー
携帯用ページ

モバイルサイトアドレス
会員用
アクセスカウンタ
今日 :769
昨日 :749
今週 :769
今月 :6239
総計 :739427
平均 :190
taquino.net
定例会議 : 「大規模地震による橋梁の落下シミュレーション」について
投稿者: yukinori 投稿日時: 2010-6-23 10:34:04 (951 ヒット)

(講演名)「大規模地震による橋梁の落下シミュレーションについて
(講師)  東北学院大学工学部 環境建設工学科
     教授 石川 雅美氏
(講演日)2010.5.24
(CPD認定番号)JSCE10-0102
(主な内容):
 岩手・宮城内陸地震において被災した祭畤大橋に対して、岩手県は、その被災メカニズムの解明および復旧にあたっての技術的配慮事項を検討するため、「国道342号祭畤大橋被災状況調査検討委員会」を設置して検討を行った。同委員会による報告書[1] は岩手県のHP上で公表されいる。
 今回は、この検討委員会にお いて報告されいる落橋に至るシナリオを、3次元の数値解析により検討し、その妥当性を確認した結果を報告する。

資料はこちらにてダウンロードしてください。
http://www.tctsg.jp/pdf/20100524-1.pdf

印刷用ページ このニュースを友達に送る
Copy right © 2007 東北コンクリート技術研究会 All right reserved
Tohoku Society for the Promotion of Concrete Technology